MRT

台北メトロではICカードを使うとお得になる人とならない人がいる?

台北に住んでる方は、台北メトロに乗られますよね。

ならばICカード一択ですよ!!

だって便利ですもの!

特に毎日乗る方。

学校や会社とか・・・

超お得になる人もいるのです。

その一方でそれほどお得にならない人もいます。

では・・・

「台北メトロではICカードを使うとお得になると言えるのはなぜ?」

をお読みくださいませ。

台北メトロのICカード

悠遊カード(EASYCARD)

 

今や、日本では若者だけでなく年配者も使っている交通系ICカード。

Suica(スイカ)にPASMO(パスモ)はもう有名すぎるほど有名です。

 

同じく台湾でもICカードがあるんですよ!

その代表は・・・

「悠遊カード」

(上の写真)

「EASY CARD」

とも呼ばれております。

 

そしてもう一つ・・・

 

iPASS一卡通

「iPASS一卡通」

(アイパス イーカートン)

というカードです。

 

使い道は日本の電子マネーと同じ。

MRT、バスだけじゃありません。

コンビニの買い物やらYouBiku(公共レンタサイクル)だって乗れちゃいます。

 

KKdayなら事前に手配もできちゃいますよ。

iPASS 一卡通+200NTDチャージ済み:関西空港受け取り

 

iPASS 一卡通チャージなし:桃園空港受け取り

(KKdayのページで、松山空港受け取りのタイプやチャージ有のタイプもあります)

 

でも、お得と言えるもっと大きな理由は・・・

特に台湾在住の方におススメ!!

 

ICカードがお得な人とそうでもない人とは?

 

2020年2月1日から台北メトロの新しい運賃割引サービスが始まりました。

その割引対象となるのは・・・

ICカード乗車券

なのです。

 

前月の乗車回数によって違いますが・・・

最大3割引き!!!

というのですから太っ腹です。

 

毎月1日から月末までの回数が計算されるとのこと。

  • 11回~20回の乗車の方:10%割引き
  • 21回~30回の乗車の方:15%割引き
  • 31回~40回の乗車の方:20%割引き
  • 41回~50回の乗車の方:25%割引き
  • 51回以上乗車の方:30%割引き

 

台北在住者、特にMRTを毎日使う人にとってはチョーお得!

ですが・・・

これまでは、一律2割引きになっていたのが・・・

旅行者にとってはかなり改悪ですよね。

沢山利用する人にとっては大きな割引となりました。

でも51回以上って事になると・・・

 

毎日、通勤やら通学で通うと行きと帰りで2回使いますね。

週5日で計算すると10回。

4週あったとして40回。

いくらか月の端数があるので、利用日が3日くらい増えたとして46回。

普通に通勤以外にも土日に利用することも加えないと51回以上にはなりません。

 

51回以上MRTを利用するなら是非ICカードを使いましょう。

規定回数をクリアした翌月、改札を通る際にアラート音がなるそうです。

そこで、ICカードにチャージされるんだそう。

 

月初めの改札ではアラート音が聞けそうですね。

 

今月、何回使ったのか分からなくなってしまった方は・・・

券売機とかインフォメーションセンター横の端末機で確認することも可能だそうです。

 

対象となるカードは・・・

  • イージーカード(悠遊カード)
  • iPASS一卡通
  • icash
  • Happy Cash

 

iPASS 一卡通+200NTDチャージ済み:関西空港受け取り

 

iPASS 一卡通チャージなし:桃園空港受け取り

(KKdayのページで、松山空港受け取りのタイプやチャージ有のタイプもあります)

 

ICカードがお得な人とそうでない人【まとめ】

お得な人:

前月に51回以上MRTを利用した人

 

そうでもない人:

旅行者

 

とまあこんな結論ですが・・・

いろいろ不評だとまた変更するってこともあり得ます。

旅行者の皆さんは、悲観せずに動向を見守りましょう。

 

台北MRT関連はこちらもどうぞ。

台北MRT路線図の見やすいのはどこ?車内でのルールがあるの?

台湾の悠遊カード【Easy Card】で旅をお得に楽しんじゃおう!

【台湾MRT】乗り方は?料金は?乗り放題も?台北市内の移動に!

-MRT

© 2021 タイワンズ