温泉

台湾の川湯温泉なら裸で入れる日本式!レストランで食も楽しもう!

台湾にも川湯温泉ってあるんですよ。

日本にもよくある名前ですが・・・

ここは台湾で珍しく裸で入れる温泉なんですよ。

レストランもあるのでゆっくりできちゃいます。

では、どんな所なのかご紹介いたしましょう。

台湾の川湯温泉って?

 

どうですこのクオリティ!

露天風呂形式にもなっております。

広いのでゆったりと入れますね。

 

硫黄の臭いが強い温泉です。

やはり活火山なんでしょう。

 

川湯温泉の泉質は・・・

  • 青硫黄
  • 白硫黄
  • 鉄硫黄

とあるんです。

なかなか楽しめます。

 

男湯と女湯にわかれていますから・・・

水着の着用はいりません。

 

 

台湾で主流なのは水着着用での温泉入浴。

なんか雰囲気ちがうんですよね。

なんかSPAみたいですもの。

やっぱり温泉は素っ裸でなきゃって方にはサイコーっです。

 

お風呂にはシャンプーとボディソープが備え付け。

細かく設備をお伝えしますと・・・

  • コイン式のロッカー(一回20元)
  • シャワー施設
  • 大風呂
  • 温度が高い風呂
  • 水風呂
  • SPA風呂
  • スチームルーム
  • マッサージ室

と取り揃えてあるみたい。

 

 

ひとり当たりの入浴料金は200元(730円)

 

タオルは現地でも買えますが、やはり割高。

持って行くのがベストです。

個室の風呂もあるぞ!

 

400元で個室を楽しめます。

(平日2名料金)

特にアメニティは無いようです。

自分で、タオルや洗顔など持参いたしましょう。

 

注意点としては、1名では入れないみたいですね。

危険防止みたい。

 

更には・・・

レストランも充実しております。

川湯温泉のレストラン

 

とっても雰囲気のあるレストランがあるんです。

料理もなかなか揃ってるし・・・

 

 

牛肉料理旨そう。

さらには・・・

 

 

豚肉もいいじゃないですか!!

食べて~

野菜もある?

 

 

お野菜の料理はちょっと安めになってますね。

どれもこれも食べたいっすね。

 

注意点を幾つか・・・・

ひとりあたり最低料金として400元だそう。

二人で行くと800元ってことね。

さらには10%のサービス料がかかるようです。

 

平日なら食事後にはデザートも1品出てきます。

更に・・・

一人400元の最低料金に達するとプレゼントがあるのです。

それは・・・

入浴チケット1枚

 

ええーーー

なら入浴だけでも200元ですから・・・

400元の料理食べた人は実質200元で食べたことになるんかな!!

こりゃレストランにまず寄るべし!

(後からレストランでも相殺してくれます)

 

2人いるなら・・・

800元分たべなきゃなりませんが・・・・

800元食べると2枚入浴チケットがもらえます。

以下同じ法則で増えるんだと。

よーっシャ!

たべるど~

川湯温泉の場所は?

最寄りの駅は・・・

MRT石牌駅

2番出口を目指しましょう。

 

その後、バスもあります。

バスの番号は508、535、536

「行義路三」で降ります。

すると目の前が川湯温泉ですよ。

 

もちろんMRT石牌駅からタクシーもあります。

 

住所:台北市北投区行義路300巷10号

TEL:02-2874-7979

FAX:02-2871-4857

Eメール:kawayuspa@gmail.com

 

-温泉

© 2021 タイワンズ