基本情報

パスポートケースのスキミング防止は効果あるのか?ないのか?

先回はパスポートケースの必用性について考えました。

今回は、パスポートケースのスキミング防止カバーは効果あるのか?ないのか?

この点を掘り下げていきたいと思います。

まずは、スキミングそのものについて。

では、どうぞご覧ください。

スキミングって何なの?

 

スキミングという言葉をお聞きになったことがおありでしょう。

これはクレジットカードの情報を盗む行為です。

 

クレジットカードだけでなくキャッシュカードも。

磁気情報は簡単に読み取れてしまうのです。

その読み取った情報を元にクローンのカードを作り買い物をしまくるという寸法。

 

このスキミング行為が海外で、たびたび起きているのです。

 

スキミングは非接触でも可能。

 

感覚的には、磁気部分を接触させて盗み取る必用があるのですが・・・

じつは、非接触でも可能なのです。

実際、スイカやパスモなどはちょっと離れても認識できますよね。

 

それと同じような方法を使って・・・

そっと後ろから忍び寄り・・・

磁気部分を接触させなくとも情報を抜き取られてしまうのだとか!!

 

これはまずいですね。

なんとか防がねば・・・・

パスポートもスキミング対策が必用だ!

と思われるかも???

 

パスポートケースにスキミング防止機能が必用?

 

 

パスポートって実際に使用している時は裸で渡します。

ですから、その際にスキミングされるって心配は意味がありません。

 

そもそもパスポートのICチップというものは・・・

すべて暗号化!!!

 

そして情報の中身は・・・

パスワードで保護されております。

 

なのでそれほどパスポートそのもののスキミングを・・・

心配する必要はありません。

 

心配すべきなのは・・・

一緒に入っているかも知れない・・・

クレジットカードやキャッシュカード

なのです。

 

パスポートケースにはいろんなタイプがあります。

パスポートだけを覆うスタイルのカバーもあれば・・・

小さいショルダーバッグのようなスタイルのものもあります。

 

この時、バッグスタイルのパスポートケースですと・・・

クレジットカードや現金、航空券なども入れるかも。

そうなるとスキミング防止の物が良いでしょうね。

 

結論としては・・・

パスポートそのもののカバーだけなら

スキミング対策は要らない。

 

パスポートと一緒にカードなどもしまうタイプなら・・・

スキミング対策の物が望ましい。

という事になりますね。

 

 

次のページへ行く⇒「パスポートケースは首下げがいいの?ブックカバータイプはどう?」

 

前のページへ戻る

 

パスポートケース関連はこちらもどうぞ。

台湾旅行でパスポートケースって必要なの?要らない派?要る派?

-基本情報

© 2021 タイワンズ