言語

台湾語を少し勉強して行くとウケる事間違いないらしい!PART④

さて台湾語の講座も4回目となりました。

だいぶ煮詰まってきましたが・・・

今回が最終回かも???

では台湾語を一緒に勉強しましょう。

台湾語を勉強しませう!

 

食べた感動を是非伝えたいですよね。

本当にうまいものには、それ相応の賛辞がささげられるべきです。

ですので・・・

 

「おいしい」

 

は是非、言えなくてはなりません。

 

中国語では・・・

「ハウツー」

と良く聞きますね。

 

でもこれじゃ面白くありません。

やはり、台湾語で言っちゃいましょう!!!

 

その台湾語の「おいしい」は・・・・

 

「ホージャー」

(好呷)

 

これが台湾語なのです!

どうやって覚えるか????

まずは、お店のコックのおじいさんになったつもりで・・・

 

「どォーじゃー(ホージャー)

おいしいじゃろぉ~」

 

マジすか(笑)!!!」

 

わかりません!

 

 

相手はこっちを台湾人と思って・・・

中国語で話しかけて来るかもしれません。

 

そんな時・・・・

この一言!!!

 

「聞いてもわかりません」

 

え?

台湾語で返してくるのに・・・・

中国語がわからないの???

ってなるかもしれませんが・・・

 

まずは言ってみましょう。

 

「ティアボー」

(聽不懂)

 

では、恒例の覚え方です。

 

「わっかりません!」

 

「てか!(ティア)

ボーとしてる(ボー)

からだろ!!」

 

おあとがよろしいようで・・・

 

あいさつ代わりに!

 

最後に・・・・

あいさつ的なセリフをご紹介。

とっても台湾っぽい言い方です。

 

それは・・・・

 

「ジャバーボエ」

(呷飽没?)

 

意味は・・・

「ごはん食べた?」

なんです。

 

台湾ではこのフレーズ・・・

あいさつ代わりに使うんですよ!!!

決してごはんに誘っているわけではありません。

 

あいさつなんです。

それで・・・

「この後は予定があるので・・・」

あるいは・・・

「どのお店に行こうか?」

なんて答えは必要ありません。

 

簡単に「食べたよ」で良いんです。

つまり・・・

「ジャバ―」

(吃飽)

です。

 

では、こちらの覚え方をご紹介しましょう。

そろそろキッツいでしょうが・・・・

もう考えてしまったので・・・

記録しておきます。

 

「ご飯食べた?」

 

「うん」

 

「じゃ、バーで(ジャバ―)

ポエムでも(ボエ)」

 

 

やっぱりキッツいですね(笑)

 

台湾語関連の記事はこちらもどうぞ

台湾語の新しい勉強方法は「ちびまる子ちゃん」でOKってホント?

台湾語を少し勉強して行くとウケる事間違いないらしい!

台湾語を少し勉強して行くとウケる事間違いないらしい!PART②

台湾語を少し勉強して行くとウケる事間違いないらしい!PART③

 

-言語

© 2021 タイワンズ