運命のように君を愛してる

運命のように君を愛してる11話ネタバレ①記憶喪失でミヨンの事も

ミヨンの元に行こうと必死だったゴン。

なんとしても誕生日を祝いたかった。

しかし、道半ば倒れてしまったのだ。

そんな事もつゆ知らず待ち続けるミヨン。

運命のように君を愛してる11話ネタバレPART①

運命のように君を愛してる11話ネタバレPART①

(運命のように君を愛してる相関図)

 

ミヨンの所へ向かう途中・・・

倒れたゴン。

記憶はどこかへ行ってしまいました。

それも3か月分。

ちょうどマカオからの記憶がないのです。

 

そんなゴンの苦しい期間の始まりです。

 

解任をもくろんだ大事な臨時株主総会は・・・

イ・ゴンが倒れた事で一時中止に。

 

病院で目が覚めたゴンの目の前に現れたのは・・・

セラだ。

マカオ行きの飛行機に乗ったところから記憶がない。

 

目が覚めたゴンを抱きしめるタク室長。

 

タコ医師は・・・

ゴンの家系にあるハンチントン病だという。

この病気の一つの兆候が・・・

記憶喪失なのだ。

無理に思い出させてはいけないという。

 

ミヨンも病室に駆けつけた。

 

ゴンはすっかり昔のゴンに戻っていた事に内心喜ぶセラ。

「俺のセラ」という言葉にすっかり喜んでしまう。

 

そこへミヨンも到着。

ゴンとセラが抱き合っている。

 

そして、ゴンはミヨンの前を通り過ぎて行った。

「待てよ」

 

「俺の事を知ってるな」

「はい、知ってます」

 

「俺の指輪を台無しにした女だ。

彼氏か?」

とダニエルを見て言うゴン。

 

セラはゴンが記憶喪失であることをミヨンに話す。

結婚したことも覚えていないと。

だから、今はゴンから離れていて欲しいと。

 

 

ゴンは搬送された時の所持品を渡される。

その中に指輪があった。

「なぜ指輪が?

俺のじゃないな」

 

 

ダニエルはミヨンに言う。

「ゴンは、いつも君を困らせて・・・

もう耐えないでくれ」

 

しかし、ミヨンは・・・

「きっとゴンはケットンと私を思い出してくれるわ」

 

3か月前に戻ってしまったゴン

 

セラはようやくゴンが記憶喪失だと話す。

「3か月分の記憶がないみたい」と。

 

「マカオでプロポーズに成功したんだな」

と勝手に思い込んでいるゴン。

 

「もうバレエは辞めてゴンだけをみる」というセラ。

 

ゴンは持ち物から出てきた指輪を「知っているか」と尋ねるが・・・

セラはちょうど着電があり答えずに出て行く。

ゴンは勝手にセラからの指輪だと思い込む。

 

 

その頃ミヨンは・・・

タコ医師にゴンの状態を確認した。

やはり無理に思い出させる事は避けろと。

 

そこへゴンが入ってくる。

 

「なんでお前がいるんだ!

なんで俺のMRIを見せている!」

 

「この人はお前の秘書じゃないか」

と苦し紛れのウソをつくタコ医師。

 

病室でミヨンとゴン二人になり・・・

「なぜあの指輪の女が秘書になったんだ」

なんとなくまだ疑っている様子のゴン。

 

「あの時の走りを気に入ってくださってスカウトされました」

そんな話があるかといいつつも・・・

タク室長までがミヨンを秘書と言うので・・・

受け入れる事に。

 

ゴンは、秘書のミヨンに尋ねる・・・

「この指輪だが知っているか」

 

「それは、私のです」

と言って取ろうとするが・・・

 

「これは記憶が戻るまで預かっておく」

と仕舞い込んだ。

 

 

タク室長はミヨンと二人になって言う。

「解任決議が降りそうな時だったのに・・・・

なんとしても奥様に会いに行くと言って・・・

倒れたんです」

 

 

次の話へ行く

前の話へ戻る

 

「運命から始まる恋」関連はこちらもどうぞ

【運命から始まる恋1話ネタバレ】偶然のベッドインって???

運命から始まる恋の韓国版「運命のように君を愛してる」を見よう!

「運命から始まる恋」韓国版では最終回あたりはどうなってるのか①

 

-運命のように君を愛してる

© 2021 タイワンズ