運命から始まる恋

【運命から始まる恋7話ネタバレ中】今日は最悪の誕生日それとも?

彩と慶の誕生日が同じ日でした。

偶然ながらも運命を感じる事実です。

しかし、その日に北京から杏奈が帰ってくると言うじゃありませんか!

こりゃどうなるんでしょう???

では、運命から始まる恋第7話ネタバレその2をお楽しみください。

 

運命から始まる恋7話ネタバレ

 

彩は、生まれて初めて自分の誕生日が待ち遠しかった。

だが一方で、慶は複雑だ。

杏奈も同じ日に来るからだ。

 

彩は、母親から貰った形見の真珠のネックレス・・・・

これを売って・・・

慶にプレゼントを買うつもり。

 

誕生日の当日

最初は、どこに行くんですか?

明るく尋ねる彩に対して慶は暗い。

 

「今日は、一緒に祝えない。

実は、杏奈が急遽戻ってくるんだ。

この前のレストランで食事することになった」

 

それを聞いて驚く彩だが、こう答える。

 

「杏奈さんと過ごせるのは良かった。

私は大丈夫ですから。

杏奈さんと楽しんでくださいね」

 

(あくまでも健気な彩ですね)

 

慶は言う。

「これは君のクレジットカードだ。

好きなものを買ってくれ。

今夜は、東京タワーの展望台を貸し切りにした」

 

(スケールがデカいね(;'∀')・・・)

 

なんなら安藤が一緒に行ってくれると申し出るが・・・

 

彩はひとりぼっち。

仕方なく、散歩に出かけることに・・・

 

隼人と会う・・・

偶然に、美術館にて隼人に出会う。

 

彩は隼人に言う。

「ロン先生(陶芸家)は大ファンなんです。

平凡な人でも鍛えれば輝けるって」

 

それを聞いて隼人は察する・・・

「彩、何かあった?」

 

事情を説明する彩。

 

「彩はそれでいいの?」

 

「良かったと思っています。

慶さんは私の事も気にかけてくれていますよ」

 

隼人は目を見て尋ねる。

「本当は、一緒に過ごしたかったんでしょ」

 

「はい。

でも、それはかなわなかった。

実は、プレゼント買ってあるんです」

カバンから立派な箱をチラリと隼人に見せた。

「随分、奮発したんだね!」

 

「嫁入り道具のネックレスを売って・・・」

 

「なら渡しに行こうよ。

どこにいるのか分かってるんでしょ」

と彩を立ち上がらせる。

////////////////////////////////////////////

「運命から始まる恋」最終回の続きを韓国版で見てみよう!

  • 「運命から始まる恋」(日本版)
  • 「運命のように君を愛してる」(韓国版)

FODなら、どちらも見ることができますよ!

(2020年6月現在の情報です)

Amazonペイなら2週間無料です。
/////////////////////////////////////////

レストランでパンダあらわる

 

隼人と彩が待ち合わせのレストランに行って見ると・・・

 

なんと!

慶はひとりで座っている!

 

もしや?ドタキャンされたのか???

 

彩は、隼人にせかされてプレゼントを渡しに行くことに。

しかし、メモを添えた。

そのメモにはプレゼントの送り主は・・・

「杏奈から」と記したのだ。

 

慶さんが喜ぶのは、杏奈さんからのプレゼントだから・・・

という彩。

でも、どうやって渡そうか悩む彩・・・

 

慶は何度も杏奈に電話するが・・・

「只今、電話に出ることができません」

メールも既読にならない。

 

そこへ慶の前に・・・

いきなり「着ぐるみパンダ」が現れた。

 

慶は「杏奈からのサプライズか」と驚く!!

パンダは、杏奈からと記されたプレゼントを渡した。

 

慶は言う。

「物だけじゃ無意味だ」

その言葉を発した途端、自分の彩に対して行った行為に気づく。

「自分が同じ目にあって初めて気づくなんて」

スグに謝ろうと彩に電話を掛けると・・・

隣のパンダの着ぐるみから音が鳴りだした。

 

彩!!

気づかれてしまった。

着ぐるみパンダの中身は彩だったのだ。

 

「どうしてここに!!」

 

「開けてみましょ」と彩。

そこには新しい高級ペンが入っていた。

「お誕生日おめでとうございます」

 

そこで彩のお腹が・・・

グぅ~

と地響きを伴って鳴り出した。

 

「何も食べていないのか!

プリンも腹ペコだぞ」

 

「隅咲町の炭火焼まんを食べに行こう!」

しかし、水上バスの時間は終わりだ。

 

慶は彩に目隠しをして船着き場へ来た。

「まだ目をあけるなよ。

ほら開けていいぞ!

彩の船だ。

(なんと!!驚愕の事実!!

慶は自家用の船を彩に買っていたのだ)

これでいつでも隅咲町に帰れる。

27年の利息を付けて祝うぞ」

 

船に乗るよう手を差し出す慶。

その手に、手を重ねる彩だった。

 

「運命から始まる恋」次のネタバレへ(7話その3)

前の話へ戻る

1話から読む

 

運命から始まる恋関連はこちらもどうぞ。

【運命から始まる恋1話ネタバレ】偶然のベッドインって???

【運命から始まる恋】主題歌を歌う「ONE N’ ONLY」とは?

-運命から始まる恋

© 2021 タイワンズ